Recent Posts

01 3月

サッカーブログ|No Football , No Life

おすすめ記事一覧

※最新記事は1つ下の記事をご覧下さい

サッカーをこよなく愛する横浜出身・大阪在住のサッカーファンが、サッカーの素晴らしさを書き綴るブログです。
励みになりますのでコメント、応援クリックなどもお寄せいただけると嬉しいです!
Written by ハマジ

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - サッカーブログ|No Football , No Life Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - サッカーブログ|No Football , No Life Googleブックマークに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets

サッカー日本女子代表の、アメリカ女子代表との通算対戦成績は、これまで 0勝21敗4引き分けだった。
実に25試合、四半世紀以上に渡って、日本はアメリカに勝ったことがなかったのである。

サッカーは比較的「運」が勝敗に影響を与えることの多いスポーツだ。
なのにこれだけ勝てなかったという事実は、両者の実力差がいかに大きいものだったかを物語っている。

そしてその実力差は数字以上に、実際に試合を観たファン、そしてプレーをする選手たち自身が、肌身を持って感じていたことでもあるだろう。

ほんの10年前まで、日本は世界大会に「出場すること」が一番の目標の、世界的に見れば弱小国のひとつに過ぎなかった。

初出場した1996年のアトランタ・オリンピックでは3戦全敗。
続く2000年のシドニー・オリンピックは、アジア予選で敗退する屈辱を味わう。

ワールドカップでも、1995年大会で1勝2敗ながらグループ3位に滑りこんでベスト8に進出した以外は、2007年まで全ての大会でグループリーグ敗退。

それが以前までの、日本の実力だったのだ。

そんな日本とは対照的に、アメリカは女子サッカーの黎明期から華々しい戦績を誇り、常に世界をリードする存在だった。

オリンピックもワールドカップも、その初代チャンピオンとなった国はアメリカである。

そして今日に至るまで、オリンピックで優勝3回、準優勝が1回。
ワールドカップでも優勝2回、準優勝1回。
両大会を通じてこれまで10回あった世界大会の全てに出場し、全ての大会で3位以上の成績を残している。

日本からすれば比較するのも気がひけるほどの「雲の上の存在」。
それがアメリカだった。

しかし2000年代に入ってからは日本も着実に成長を見せ、2008年の北京オリンピックでは、ついに世界大会で初のベスト4にまで進出。

そしてこのとき日本は、メダル獲得を懸けてアメリカと対戦することになった。

結果は 2-4。
内容は、日本の完敗である。

日本はこの北京オリンピックで、初めて世界の頂きをその視野に捉えることができた。

しかしそこから頂点に至るまでの道のりは、まるでそこにもう一つの山がそびえ立っているのかと思うくらいに、高く険しいものに感じられたのである。

「この差は、あと10年は埋まらないのではないか ーーー。」

僕はその時そう感じてしまったのだけど、それくらい絶望的な差が、日本とアメリカの間にはあるように思えたのだ。

しかし、その途方もなく感じられた道のりを、日本はわずか3年で駆け上がってしまう。

2011年ワールドカップ優勝。

決勝では「あの」アメリカを、女子サッカー史上に残る名勝負の末に退け、誰も予想しなかったほどのスピードで、なでしこジャパンは世界の頂点に立った。

アメリカに競り勝って手に入れた、世界の王座。

それでもワールドカップ決勝は、内容ではアメリカに圧倒された上でのPK戦での勝利である。

自分たちが未だに「チャレンジャー」なのだということは、他でもない なでしこジャパンの選手たち自身が、一番よく分かっているはずだった。

エースを欠いたなでしこジャパン

快晴に恵まれた、ポルトガル南部のエスタディオ・アルガルヴェ。

あのワールドカップ決勝の再現となるカード、日本 VS アメリカが、この地で開かれているアルガルヴェ・カップで実現したのだ。

ところがそこに、ワールドカップ決勝でヒロインとなった日本のエース、澤穂希の姿はなかった。

その本人は試合の数日前、目の前の強大な敵への不安感を口にしている。

「大差で負けなければいいかな」との発言は、日本女子サッカー暗黒時代を知る澤だからこその、現実を見据えた “本音” だったのだろうか。

しかし、実際の試合は、澤の予想を見事に裏切った。

序盤に主導権を握ったのは、澤も川澄もいないはずの、日本代表のほうだったのである。

日本の見せた「成長の跡」

立ち上がりの20分間、日本は自分たちのやりたいサッカーが出来ていたはずだ。

高い位置からのプレスでボールを奪い、そこから宮間あや・阪口夢穂らの中盤を軸にしたパスワークでアメリカ守備陣の足を止めていく。

ワールドチャンピオンだとは言っても、ワールドカップ決勝の前半にアメリカの猛攻に晒されたことを考えれば、信じられないくらい完璧な形で、この日の日本は試合をスタートさせていた。

しかしこれは、単純に「日本が良かったから」というだけが理由ではないだろう。

序盤のアメリカは、まだ “吹っ切れて” いなかった。
自分たちのスタイルを貫けていなかったのである。

立ち上がりのアメリカからは、どこか日本のような、綺麗なパスサッカーをやろうという意図が見え隠れしていたように思う。

しつこいけれど日本は、現役の世界チャンピオンである。
そしてアメリカやドイツなどの「フィジカル重視」のサッカーが支配し続けてきた女子サッカーの歴史の中では、初めて誕生した「技巧派のチャンピオン」でもあった。

なでしこジャパンが世界に与えたインパクトは、たぶん僕たちが想像している以上に大きい。

アメリカのような強豪国が、多少なりとも日本サッカーのエッセンスを取り入れようと考えたとしても、あながち不思議なことではないだろう。

ただし、付け焼刃のスタイルが簡単に機能するほどサッカーは単純ではない。

結果的に序盤のアメリカは、ワールドカップの決勝と比べると全く「怖さ」を感じないチームだったのである。

そして逆に日本は、この時間帯に最も自分たちらしいサッカーを実践している。

しかし、そこは世界ランキングナンバーワンのアメリカ。
修正までの動きは早かった。

序盤のサッカーが機能しないと見るや、アメリカは即座に、日本が最も苦手とするスタイルへと舵を切り直す。

後方から前線にロングボールを放り込むシンプルな攻撃で、前半途中からはフィジカル勝負を仕掛けてきたのである。

このロングボール戦法で、アビー・ワンバックの高さ、アレックス・モーガンのスピードがより際立つことになり、日本のディフェンス陣は脅威にさらされた。

そしてこれは、アメリカにとってはディフェンス面でも効果を発揮する。
日本は攻撃に転じても深い位置からの組み立てを余儀なくされ、効果的なアタックになかなか繋がっていかない。

さらにアメリカは日本のパスの「出し手」ではなく「受け手」をマークすることによって、日本の得意とする中盤での攻防を避け、最終ラインで日本の攻撃を封じ込める作戦に出た。

こうして気がつけば試合の主導権は、完全にアメリカに握り返されていたのだ。

しかし、日本には半年前の対戦時から大きく進歩している部分があった。

それは「ディフェンス」である。

ワールドカップではアメリカに一方的に押し込まれ、前半だけで4点・5点獲られていてもおかしくはなかったディフェンス陣が、この日は押し込まれながらも落ち着いてアメリカの攻撃に対処できるようになっていた。

その粘りのディフェンスで、結果的に日本はこの日、アメリカを完封することに成功する。

そして引き分けも視野に入りつつあった83分、劣勢の試合をひっくり返したのは、日本が誇るあの “飛び道具”。

ワールドカップに続いて火を噴いた、宮間あやのセットプレー。

そのコーナーキックから高瀬愛実が頭で決めて、25年間負け続けた日本はついに、対アメリカ戦の黒星の歴史に終止符を打ったのである。

“なでしこジャパン”を変えたもの。

試合後、アメリカのエース、アビー・ワンバックは「日本はこの5年間で最も成長したチームだ」と、新しいライバルを讃えた。

確かに4年前の北京オリンピックの頃と比べても、今のなでしこジャパンはまるで別のチームのように見える。

彼女たちをここまで劇的に変えたものは、いったい何だったのか?

僕はその答えを、今ならば確信を持って言える。

それは「自信」だ。

「アメリカに勝ちたい。」

「でも、きっと勝てないだろう。」

4年前はファンも選手たちも、心のどこかにそんな気持ちを抱えていたように思う。

しかしそんなネガティブな自己評価が、「ワールドカップ優勝」を境に、大きく変化したのだ。

代わりに手に入れたのは、歴代の勝利者にしか持つことを許されない『勝者のメンタリティー』である。

なでしこたちも、この数年で急にサッカーが上手くなったわけではないだろう。

しかし「自分たちは勝てるんだ」という自信が、彼女たちのメンタリティーに劇的な変化をもたらした。

いま、勝利の味を覚えたなでしこたちを撃破することは、世界中のどのチームにとっても容易ではないはずだ。

おそらく今のなでしこジャパンは、日本のサッカーファンが考えている以上に、世界のライバルたちにとっての脅威となっている。

彼女たちに死角があるとすれば、その自信が「慢心」に変わった時だろう。

しかし今のなでしこたちならば、そんな心配も杞憂に終わるだろうと僕は思う。

その視線は来たる決勝・ドイツ戦を飛び越え、ハッキリと、ロンドン・オリンピックの頂点をとらえている。

[ 関連エントリー ]

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - “歴史的勝利”、なでしこジャパンを変えたもの。/アルガルヴェ・カップ@日本女子代表 1-0 アメリカ女子代表 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - “歴史的勝利”、なでしこジャパンを変えたもの。/アルガルヴェ・カップ@日本女子代表 1-0 アメリカ女子代表 Googleブックマークに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets

サッカー人気ブログランキング
サッカーブログ

読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が「ちょっと面白かったな」と思われた場合は、
↑応援クリックしていただけると励みになります!

日本サッカー女子代表・なでしこジャパンは、いまポルトガルの地に立っている。

彼女たちが参戦している大会の名前は『アルガルヴェ杯』。

「アルガルヴェ・カップ」……。

一歩間違えれば、あやうく舌を噛んでしまいそうなネーミングである。
しかも語尾は「ベ」ではなくて「ヴェ」。
日本人の苦手とする「巻き舌を」一発かまさないといけないという、ああ、この難易度の高さよ…!
こんな単語を噛まずにペラペラ発音できた日には、六本木のブラジリアン・バーあたりでモテモテになること間違いなしだろう。

しかし、昔からの女子サッカーファン以外の人にとっては、おそらくあまり馴染みのないであろうこの大会。

いったい、どんな大会なのだろうか。

アルガルヴェ・カップとは

アルガルヴェ・カップの第1回大会が開催されたのは1994年。
以来、今年に至るまで毎年開催されていて、今回で19回目を数える歴史のある大会だ。

ちなみに「アルガルヴェ」とは、この大会の開催地のことである。
アルガルヴェ地方はポルトガル南端に位置し、温暖で海に囲まれたリゾート地としても知られている。

ただし歴史がある大会とは言っても、出場チームはあくまでも主催者(ウラが取れなかったのですが、おそらくポルトガルサッカー連盟)からの招待制で決められていて、大会の性格的には、日本で言うところのキリンカップなどに近い。

そもそもこの大会が誕生した目的が、男子に比べるとマイナーで強化費なども充分捻出できない女子サッカーでも、強豪チーム同士が対戦して国際試合の経験を積める機会を設けよう、そして遠征費などのコストがなるべくかからないように、一箇所に数チームをまとめて、そこで大会を開催しよう、というところからスタートしているらしい。

なのでワールドカップのように「勝利」を目指して戦う大会ではなく、興行でもなく、あくまでも各国の「強化」を目的として開催されている大会が、このアルガルヴェ・カップだ。

ちなみに日本のテレビ中継の中では「ワールドカップ、オリンピックに次ぐ権威のある大会」として紹介されていたけれども、これは嘘とは言えないけれどもかなり「盛り過ぎ」の表現だと言っていいだろう。

実際、女子サッカーでは男子のコンフェデ杯に相当するような大会が無いため、「A代表の、かつ世界規模の大会」というくくりで考えると、実はワールドカップ、オリンピック以外にはこれといった大会が存在しない。

そういう意味では「世界で3番目に権威のある大会」と言えないこともないのだけれど、この2大大会とアルガルヴェ・カップとでは、その規模の差は雲泥の差である。
例えるなら、ワールドカップが『F-1グランプリ』ならアルガルヴェ・カップは『B-1グランプリ』、オリンピックが『米アカデミー賞』だとしたら、アルガルヴェ杯は『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』、くらいの違いはあるだろう。
ちなみに異論は認めます!

いずれにしても大会の規模だけで言えば、アジアカップなどの各大陸別選手権やアンダー世代のワールドカップのほうがアルガルヴェ・カップよりも大きいので、アルガルヴェ・カップが「すごく権威のある大会」であるかのように強調するのは、ちょっと違うかなあ、と思ってしまう。

むしろ本当に世界で3番目に権威のある大会が「あれ?スタンド、ガラガラやん…。」と視聴者に思われてしまったら、女子サッカーにとっては逆効果になりはしないだろうか。

と言うわけであんまり肩肘張らず、強化試合の一貫としてマッタリ見るほうが、アルガルヴェ・カップにはふさわしい観戦スタイルだと思われます。

立ちはだかった北欧勢

ところでこの大会で、なでしこジャパンはグループリーグを2連勝と上々のスタートをきった。

初戦と2戦目の対戦相手は、ともに北欧勢となるノルウェーとデンマーク。

ちなみに僕は試合前、この両チームはほとんど似たようなチームなのだろうと勝手に思い込んでいた。

実際、最新のFIFAランキングでは両チームとも同ポイントで12位タイ。
ともに長身でフィジカルに長けていて、ついでに金髪・美白のオネーチャン……いや、選手たちを揃えている。
もっと言えば、ユニフォームのカラーも同じ赤系統だ。

パッと見は双子のように似かよっている両チーム。

しかし意外にも、実際にプレーを見てみると、そのスタイルには小さくはない差があった。

初戦で対戦したノルウェーは、かつては1995年のワールドカップ、そして2000年のオリンピックと、世界大会で2回の優勝を誇る、いわば古豪である。

最近は力が落ちてきているとは言っても、やはり世界を制した経験値には侮れないものがあり、日本もこのノルウェー戦では、ベストメンバーで戦いながらも先制点を許してしまう。

ノルウェーはまさに「ザ・北欧」と呼べるような、素早く縦にボールを入れて、フィジカルを活かしてゴリゴリと押し込んでくるようなサッカースタイル。

ひと昔前、まだ世界全体のレベル差が激しく、おしなべて技術レベルの低かった時代の女子サッカー界では、こういったスタイルが極めて有効だったのだ。

世界のテクニックレベルが向上し、フィジカルの優位性が以前ほど絶対的なアドバンテージではなくなった現在では、この北欧スタイルは徐々に時代遅れになりつつあるけれど、それでも一定の破壊力は秘めている。

その一撃に、現役世界チャンピオンである日本も、一泡吹かされた格好だった。

それに対して2戦目で戦ったデンマークは、予想外にも細かくパスを繋いでくるスタイルだった。

考えてみれば男子のサッカーでも、デンマークは大柄ではあるけれども他の北欧諸国とは若干違った攻撃的なスタイルを持っていて、ラウドルップ兄弟のようなテクニシャンも輩出している。

女子サッカーでも、大味なノルウェーと比較すると、デンマークはより緻密なサッカーを実践しようとしている意図が感じられた。

ただ日本にとって幸いだったのは、その攻撃のクオリティーが、あまり高くはなかったことである。

さらに自分たちがパスサッカーのスタイルを実践している日本にとっては、パスを繋いで攻めてくる相手は戦いやすく、むしろ「お得意様」だったとも言える。

結果的にデンマーク戦での日本は、中盤で面白いようにプレスをかけることに成功した。
これがノルウェーのように、不器用でもフィジカルゴリ押しのサッカーを仕掛けられていたら、おそらくもっと苦戦していたことだろう。

その意味では日本にとってデンマークは、かなり「くみしやすい」相手だったと言えるだろう。
そして控え組が中心のメンバーながら、日本は危なげなく2-0の勝利をモノにすることができたのだった。

このように、似ているようで似ていない北欧の2チームに連勝したなでしこジャパン。

ノルウェー戦では先制点を許してからの逆転勝利、デンマーク戦ではリザーブ中心のメンバーを起用しながらも快勝と、与えられた宿題も見事にクリアーしながら勝利を重ね、その姿にはいつのまにか「女王の貫禄」が漂い始めたようにも見える。

そして、そんな2連勝中のチームを牽引しているのが、この大会から新キャプテンに任命された「澤穂希の後継者」、宮間あや だったのだ。

新キャプテン・宮間あや

ワールドカップ優勝をきっかけに、なでしこジャパンのキャプテンでありチームの象徴でもあった澤穂希が一躍スターダムへと駆け上がり、川澄奈穂美のようなニューヒロインも誕生した昨年。

しかし、そんな世間の「フィーバー」と一定の距離感を保ち続けていたのが宮間あやである。

チームメイトたちがテレビに雑誌に引っ張りだこなのをよそ目に、サッカーに直接関係のないメディアへの露出は控え、サッカー選手としての職務に忠実であり続けた宮間。

その姿は、例えるならまるで「サッカー職人」。

もっと言ってしまえば、どこか求道者のようなオーラも感じられる。

実は個人的には、宮間あやは大好きな選手の一人である。

ブロガーとして、いつかは彼女を主人公にした記事を書きたい…と思っていたのだけど、その日は着実に近づいてきているようだ(ちなみにこの記事はまだ、その前哨戦ということで)。

このアルガルヴェ・カップの直前、宮間あやは佐々木則夫監督から、澤穂希からキャプテンマークを引き継ぐよう言い渡されている。

そして個人的には、これは佐々木監督のファインプレーになるのではないかと感じた。

スポーツの世界では「最初の優勝よりも、連覇するほうが難しい」とよく言われるけれど、一度ピークに達して「優勝」という結果を残したチームが、その力を維持するのは並大抵のことではないようだ。

一度結果を出した以上、そのチームの「変えてはいけない部分」はキープしなければいけない。

しかし反面、どうしても生まれてきてしまう「慢心」や「モチベーションの低下」を回避するためには、「あえて変えることで、新しい刺激を与える部分」も加えていかなければならない。

きっといま、佐々木則夫監督もその両者のバランスを取ることに細心の注意を払っているはずだ。

その意味では、澤から宮間へのキャプテンの移行、というのは、非常に賢明な采配だったと僕は感じる。

宮間はもともと日本で一二を争うテクニシャンであり、代表でも一目置かれる存在である。
しかもプレーの面だけでなく、ワールドカップの大会中にメンタルの落ち込んだ選手に対して声をかけるなど、最近はピッチの外でもリーダーシップを発揮してきた。

誰もが認める「絶対キャプテン」だった澤穂希からキャプテンマークを継ぐことも、それが宮間であれば、チームメイトから異論の声はほとんど上がってこないだろう。

そして同時に、澤はこれまでの負担が軽減され、より自分のプレーに集中することができる。

「バランスを保ちながら、チームに変化をもたらす」という意味で、この宮間へのキャプテン移行は、大きなプラス材料となるのではないだろうか。

そしてキャプテンとなったことで、宮間自身のプレーにも変化が生まれたように僕は感じた。

宮間あや、「クイーン」への覚醒

宮間あやは、所属する岡山湯郷ベルではトップ下の位置を努め、キラーパスで周囲を自在に操るようなプレーを見せている。

その姿は、まさに湯郷の「キング」、もとい「クイーン」だと呼べるものだ。

しかしそんな宮間も、なでしこジャパンではクラブでやっているほどの「女王様プレイ(?)」は見せられていない。

これはもちろん対戦相手が強豪だということもあるけれど、宮間自身にも少し「遠慮」があるのではないか、という気もしていた。

本来はトップ下を得意とする宮間だけれども、なでしこジャパンはボックス型の4-4-2を採用しているため、トップ下というポジションが存在しない。

そこで宮間は代表では左サイドの攻撃的MFのポジションを与えられているわけだけど、やはり中央に比べるとプレーエリアが限定されるため、やや窮屈そうにプレーしている印象も受けていた。

しかし日本の中盤には、チームの「心臓」とも言えるボランチコンビ、阪口夢穂と、レジェンド・澤穂希が君臨している。

ボランチの位置から前線まで攻め上がっていくスタイルを得意とする澤の持ち味を消さないためにも、宮間はサイドの位置をキープして、時には「黒子」役に徹していたようにも思える。

しかしキャプテンとなったいま、今大会での宮間あやからは、よりプレーでチームをグイグイ引っ張っていこうとする勢いを感じるのだ。

初戦ではケガから復帰したばかりの澤が本調子ではなく、2戦目はサブ中心のメンバーだったことで、宮間のプレーがより引き立ったという側面はあったかもしれない。

それでも少なくとも僕にとっては、この2試合は宮間あやが、これまで見た中では最も「代表で自分のプレーを出した」試合に映ったのだった。

初戦のノルウェー戦は、立ち上がりからチーム全体の動きが重く、いまいちリズムに乗れないまま先制点を奪われてしまう。

しかし宮間が左サイドから中央にポジションを移す動きが徐々に増え、中でボールを触る回数が増えてくると、次第に日本の得意とする形が生まれ始めた。

そして前半ロスタイム、宮間あやのクロスから永里優季が決めて 1-1の同点に。

後半に入ると宮間のプレーはさらにキレを増す。

宮間が頻繁に左から中央に絞ることによって左サイド前方に広大なスペースが生まれ、そこに左サイドバックの鮫島彩がオーバーラップを仕掛けては、宮間からキラーパスが送られる。

後半はこの宮間と鮫島の左サイドから再三のチャンスが生まれ、日本はここで完全にゲームの主導権を握った。

2戦目のデンマーク戦も、若手中心のメンバーを宮間あやが引っ張った。

サブ中心のメンバーということもあってコンビネーションがイマイチで、この試合も前半はなかなか良い形でのチャンスが生まれてこない。

しかし初戦同様、宮間が中でボールを持つ機会が増えてくるにつれて、日本もボールが回るようになってくる。

そして52分、ショートカウンターからの宮間のスルーパスを起点に、田中明日菜→近賀ゆかりと繋ぎ、最後は近賀からのクロスを菅澤優衣香が決めて 1-0。

その後も交代で退くまで、宮間は攻撃の中心としてタクトを振り続けた。

そして僕の目には、新しく芽生えたキャプテンとしての責任感が、宮間あやをさらにもう一歩進化させたように感じられたのである。

いざ、日米決戦へ。

このように、2連勝で好スタートを切ったなでしこジャパン。

しかし続く第3戦目の相手は、これまでの2戦とはわけが違う。

対するは、ワールドカップ決勝であの死闘を戦った最大のライバル・アメリカ。

ワールドカップでの日本は幸運にも恵まれてPK戦での勝利を手にしたけれども、地力ではまだアメリカが上だという声も根強い。

いまのなでしこジャパンの実力を測るには、まさにこれ以上の相手は居ないだろう。

そのアメリカを相手にどれだけ立ち向かうことができるかは、当然ながら選手たちのプレー、とりわけ澤や宮間といった主力選手たちのプレーにかかってくる。

リベンジに燃えるライバルを、果たして日本は返り討ちにすることができるのか!?

我らが あやまん……もとい、”みやまんJAPAN” の活躍から、明日は絶対に目が離せない!!!

[ 関連エントリー ]

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 宮間あや、「クイーン」への覚醒/アルガルヴェ・カップ@日本女子代表 2-0 デンマーク女子代表 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 宮間あや、「クイーン」への覚醒/アルガルヴェ・カップ@日本女子代表 2-0 デンマーク女子代表 Googleブックマークに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets

サッカー人気ブログランキング
サッカーブログ

読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が「ちょっと面白かったな」と思われた場合は、
↑応援クリックしていただけると励みになります!

Login

Become a Member

CATEGORY

CALENDAR

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

NEW COMMENTS

Links