彼はもう、ワンダー “ボーイ” ではないように思えた。

ウェイン・ルーニーである。

マンチェスター・ユナイテッドがACミランを撃破したこの試合で、ルーニーの存在感は圧巻の一言だった。
2ゴールはもちろん素晴らしかったけども、チャンスメイクやポストプレーなど得点以外の場面でも、ルーニーは抜群のプレーを見せていた。

クリスティアーノ・ロナウドがユナイテッドの「キング」として君臨していた昨年までも、ルーニーは副官として見事な働きをこなしていたけれど、主役の座を任された今季は “覚醒” と言ってもいいほどの進化ぶりを見せている。

シュートの精度や振りの速さも素晴らしいけども、僕が目を奪われたのはトラップの技術だ。

難しいボールでも「ピタッ」と的確な場所にボールを置いてしまう、そのトラップ技術。
そこから瞬時にシュートまで持っていく。
この一連のプレーの精度が、ルーニーの場合はトッププロの中でも群を抜いている。

それはもはや、神技の域にまで達しているようにも思える。

覚醒した「怪物」

今週のサッカーマガジンの記事によると、かつてルーニーの持つプレミアリーグ最年少ゴール記録を更新したジェームス・ミルナーが、少年時代にルーニーと対戦したことがあるらしい。

その試合でもルーニーは圧巻のプレーを見せ、ミルナーのチームメートたちは皆、相手チームの “怪物” の事ばかり話していたそうだ。

その後、ワンダーボーイと呼ばれるようになった少年は、いま再び “怪物” へと進化しようとしている。

今年ルーニーがチャンピオンズリーグかワールドカップのタイトルを獲れば、バロンドールも夢ではないのではないか。

それくらいの輝きを、いまのウェイン・ルーニーは放っている。

[ 関連エントリー ]

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「怪物」の覚醒、ウェイン・ルーニー/UEFAチャンピオンズリーグ@マンU 4-0 ACミラン Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「怪物」の覚醒、ウェイン・ルーニー/UEFAチャンピオンズリーグ@マンU 4-0 ACミラン Googleブックマークに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets

サッカー人気ブログランキング
サッカーブログ

読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が「ちょっと面白かったな」と思われた場合は、
↑応援クリックしていただけると励みになります!

Login

Become a Member

CATEGORY

CALENDAR

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

NEW COMMENTS

Links