グループリーグの第2節は面白い。

それはこの試合でグループリーグの大勢が決するからであり、第1節を落としているチームの場合は、この試合で連敗すればグループリーグ敗退がほぼ決定するからである。

そしてこのギリシャ x ナイジェリアの試合は、そんな第1節で敗れて崖っぷちに立たされたチーム同士の、文字通りのサバイバルマッチとなった。

サプライズを起こしたマイナー国、ギリシャ

ギリシャ代表は6年前のヨーロッパ選手権で優勝に輝いた、かつてのヨーロッパチャンピオンである。

しかしこの優勝はまさに大番狂わせと言うべきもので、ユーロの歴史の中でも 92年のデンマークの優勝と並ぶスーパーサプライズだった。

ギリシャはヨーロッパの中でも古くからサッカーが盛んな土地柄だったけれども、地理的に西側諸国から遠く離れていることと、経済力で西側に劣ることから、代表チームは長らくめぼしい成績を残せない時代が続いていた。

そんなギリシャが初めてワールドカップに出場したのが 94年のアメリカ大会である。

初めての大舞台ということで、当然国民からは大きな期待がかけられていたことだろう。
しかしこの大会でギリシャは、アルゼンチンとブルガリアにそれぞれ 4-0の大敗を喫するなど3戦全敗、1ゴールも挙げることのできないまま大会から去ることになる。

その後は再びワールドカップでもヨーロッパ選手権でも本大会に出場できない日々が続き、久しぶりに出場したビッグトーナメントが前述の 2004年のヨーロッパ選手権だった。
それだけに、ギリシャの優勝はビッグサプライズだったのである。

しかしその後はまた 06年ワールドカップの出場を逃すなど、マイナー国に戻った感のあったギリシャ。
今大会は実に 16年ぶりとなる、久しぶりのワールドカップ出場だった。

そしてそのギリシャがこの日にサバイバルマッチを戦った相手は、16年前に 2-0で完封負けを喫した相手、ナイジェリアだった。

サバイバルマッチを制したギリシャ

互いに「絶対に負けられない」この一戦は、あっけない形で先制点が生まれる。

前半 16分、ナイジェリアのカル・ウチェの蹴った FKは味方に合わせることを狙ったような弾道だったのだけれども、それがそのままゴールインしてしまい、ナイジェリアがラッキーな先取点をゲットする。

ギリシャにとっては非常に嫌な展開。

ここまでワールドカップ通算4試合で4連敗を喫しているどころか1点も挙げられていないギリシャが、このゲームでもワールドカップとの相性の悪さを露呈するのかと思われた。

しかし一つのプレーから、ゲームの流れは一変する。

ナイジェリアのサニ・カイタがギリシャのバシリオス・トロシディスに蹴りを入れて一発退場。
このつまらない反則で、ナイジェリアの優勢ムードは一気に霧散した。

そしてこの隙を見逃さなかったのが、ギリシャを率いる名将、オットー・レーハーゲルである。

6年前にギリシャに初のメジャータイトルをもたらした老将の動きは速かった。
数的優位に立ったと見るやいなや、すぐさま DFパパスタソプーロスに代えてFWのゲオルギオス・サマラスを投入し、前線を厚くする。

この采配はズバリ当たった。
ここからギリシャは猛攻をしかけ、立て続けにチャンスを創り出す。

そして前半終了間際の 44分、コンスタンティノス・カツラニスのポストプレーから、ディミトリオス・サルピンギディスのミドルシュートが決まって同点に。
これがギリシャのワールドカップ通算5試合目にして、記念すべき初ゴールとなった。

迎えた後半は、両チームともがカウンターの応酬をかけるような大味な展開となる。
ともに決定機を演出しながらも、両軍ゴールキーパーのアレクサンドロス・ツォルバスと、ビンセント・エニェアマのスーパーセーブもあってなかなか得点は生まれない。

特にエニェアマは第1戦に続いて神がかり的なセーブを連発。
すでにプレミアリーグのチームが移籍金を用意しているとの情報もあって、今大会をきっかけに飛躍する選手の一人になるかもしれない。

しかし数的優位に立つギリシャが、ジワジワとナイジェリアゴールを侵食し始める。

そして後半 71分、CKからのアレクサンドロス・ツィオリスのミドルシュートを、ここまで大活躍を見せていたエニェアマが痛恨のファンブル。
そこをトロシディスが詰めて、とうとうギリシャが逆転に成功した。

逆転を許したことでナイジェリアは完全に集中力が切れ、組織が崩壊。
アフリカチーム特有の悪癖をひきずったまま試合は終了し、このサバイバルマッチはギリシャが制する結果となった。

混戦のグループB、その行方はいかに?

この勝利で 16年越しのワールドカップ初勝利を飾ったギリシャ。
これで勝ち点を3としたギリシャは、最終節へ首の皮一枚を繋げた格好である。
ただし、最後の相手は 16年前に惨敗を喫したアルゼンチン。まだまだ予断は許さない。

対するナイジェリアは2連敗と、2位争いから大きく後退。
ただし、最終節で韓国に勝ち、ギリシャがアルゼンチンに敗れればまだ2位通過の可能性は残されている。

このサバイバルマッチを制したのはギリシャだった。

しかし、混戦のグループBの行方は、最終節まで明らかになることはない。

[ 関連エントリー ]

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 混戦の中のサバイバルマッチ/ワールドカップ・グループB@ギリシャ代表 2-1 ナイジェリア代表 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 混戦の中のサバイバルマッチ/ワールドカップ・グループB@ギリシャ代表 2-1 ナイジェリア代表 Googleブックマークに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets

サッカー人気ブログランキング
サッカーブログ

読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が「ちょっと面白かったな」と思われた場合は、
↑応援クリックしていただけると励みになります!

Login

Become a Member

CATEGORY

CALENDAR

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

NEW COMMENTS

Links