ガーナと言えばチョコレート、オージーと言えばビーフである。

と意味ありげな入り方をしてみたけれど、上の1文にこれといって意味はない。

初戦では幸運な得点もあって勝利したガーナと、強豪ドイツ相手に大敗を喫したオーストラリア。
まずは初戦で明暗を分けたこの2チームが、運命の分かれ道となる第2戦で激突した。

ガーナを牽引する2人の天才

まず先制したのはオーストラリア。

まだキックオフの余韻も残る 11分、FKからのシュートのリバウンドをブレット・ホルマンが押し込んで1点目。
喉から手が出るほど勝利がほしいオーストラリアが、理想的なスタートを切った形となった。

ところがオーストラリアが歓喜に湧いたのもつかの間である。

得点から間もない前半 24分、ガーナのCKから放たれたシュートがオーストラリアのハリー・キューエルの腕に当たってしまい、これがハンドを取られてレッドカードの判定。
腕というよりは肩との付け根の部分に当たったようなボールで、キューエルにとっては気の毒な判定とも思われたものの、得点機会を完全に阻止してしまっていたことが痛かった。

けっきょくキューエルは退場となり、さらに PKまで決められて、オーストラリアにとっては一転して最悪の展開となってしまう。

その後は勢いに乗ったガーナが、個人技でオーストラリアを押し込む時間帯に。
ガーナの選手は素晴らしい個性を持った選手が揃っているけれども、特にアサモア・ギャンとアンドレ・アイェウの活躍が光っていたように思う。

アイェウはオールドファンにとっては懐かしい、かつてマルセイユでチャンピオンズリーグ優勝にも貢献したアフリカの “レジェンド”、アベディ・ペレの実子である。
父の所属したマルセイユのユースで育った期待の星は、自身も 09年の U-20ワールドカップでガーナ代表のキャプテンとして優勝を経験するなど、父に負けず劣らずの才覚の持ち主だ。

この試合でもアイェウの重心の低いドリブルは何度となくオーストラリアのDF網を突破し、オージーからすればかなりの驚異となっていたはずである。

そしてアサモア・ギャンは、僕の大好きなプレイヤーの一人である。

しなやかなドリブルテクニック、爆発的な瞬発力とバネ、スピード、当たりの強さと、フォワードに必要な能力を全て兼ね備えながら、その動きは神出鬼没そのもの。
フィールドのあらゆる場面に顔を出し、中盤の底に近い位置で組み立てに参加したと思ったら、次の瞬間には前線に出現してゴールを決めてしまう。

その動きはかつてのヨハン・クライフや、リベロの位置から得点を量産していた頃のルート・フリットを彷彿とさせるものがある。
フォワードながらも「3番」を着けていることにも象徴されるように、まさに「前線のフリーマン」と呼ぶにふさわしいプレースタイルだ。

そしてスレイ・ムンタリやスティーブン・アッピアーといったスター選手であってもレギュラーを確保できないガーナ代表にあって、ギャンは2大会連続で堂々たるエースストライカーとしてプレーし続けている。

僕はひそかにこのギャンを天才的なプレイヤーだと思っているのだけども、彼がこれまで所属したヨーロッパのチームはウディネーゼ、モデナ、レンヌといった中小クラブばかりである。

ビッグクラブでプレーしてもおかしくないくらいの才能の持ち主だと思うのだけど、それが実現しないのは彼のプレースタイルに理由があるのかもしれない。

その自由奔放なプレースタイルは、チームが「ギャンのチーム」と言えるほど彼が中心となれるチームでないと成立させるのは難しい。
そういうスタイルが許されるのが、ギャンの場合は中小のクラブしかなかったのかもしれない。

しかし現在のガーナ代表は、まさしく「ギャンのチーム」と言ってもいいチームである。
この試合でもギャンはPKを決めて1得点を挙げ、大会通算でも2試合2得点と結果を出している。

このギャンの出来が、ガーナの命運を握っていると言っても過言ではないだろう。

分け合った勝ち点1、その行方とは?

試合はその後もガーナ優勢で進んだのだけれども、オーストラリアは何度かの決定機を GKマーク・シュウォーツァーのスーパーセーブで阻止して追加点を許さず、試合はこのままドローで終了。
けっきょく両チームが勝ち点1を分け合った。

この結果、通算勝ち点を4としたガーナはグループ首位に立つ。

対するオーストラリアは最下位から脱出することに失敗。
最終戦で勝利すればまだ望みはあるけれども、ドイツ戦の大敗が効いて得失点差で不利に立つ。
決勝トーナメント進出にはセルビア相手に大量得点が必要になる、非常に厳しい立場に追い込まれた。

同じ勝ち点1ながら、その結果は明暗を分けた格好となった両チーム。

果たしてこの勝ち点1は吉と出るのか、凶と出るのか。

全ての答えは、最終戦で明らかになる。

[ 関連エントリー ]

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 明暗を分けた「勝ち点1」/ワールドカップ・グループD@ガーナ代表 1-1 オーストラリア代表 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 明暗を分けた「勝ち点1」/ワールドカップ・グループD@ガーナ代表 1-1 オーストラリア代表 Googleブックマークに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets

サッカー人気ブログランキング
サッカーブログ

読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が「ちょっと面白かったな」と思われた場合は、
↑応援クリックしていただけると励みになります!

Login

Become a Member

CATEGORY

CALENDAR

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

NEW COMMENTS

Links